ツーリングレポート

平成26年 6月のツーリング

日時:6月15日(日)朝7:00出発
集合:6:50 ローソン谷塚仲町店
行先:埼玉県秩父地方
昼食:焼肉レストラン 東大門
行程:ローソン〜外環〜関越道・川越IC〜国道16号〜国道299号〜県道70号〜県道53号〜国道299号〜道の駅あしがくぼ〜国道299号〜国道140号〜県道209号〜国道299号〜県道71号〜国道462号〜道の駅万葉の里〜国道462号〜R299号〜東大門〜国道299号〜埼玉県道各種〜関越道・嵐山小川IC〜外環〜ヨシカワ
ルート図1

集合おむすびやまなおきょう☆さん

 先月に続き掟破りの逆ヒロミマジックのおかげで見事な快晴の中6時40分に集合のローソンに到着。 珍しいことに、参加表明頂いた皆さんがすでに全員集合してるので、予定より若干早く、6時50分に出発します。
 外環・草加ICから関越・川越ICまで、渋滞もなく至ってスムーズに走れました。新座料金所で『二輪車限定安全運転のお願い検問』なんかやってやがって2台も引っ掛かけられちゃったのと、川越ICの出口でETCのバーに1台ぶつかった以外は、ですが。

バーにぶつかった1台ぶつかった人
R299R299からの富士山

 7時半を過ぎてるというのに川越IC出てからの国道16号、そして国道299号もガラガラでした。そのまま国道299号をまっすぐ行ってもきっとガラガラだったんでしょうが、でもそれじゃ芸が無いということで一本脇に逸れて県道70号と53号を通って行くことにします。

ルート図2
県道70号じゃないかなガラガラで良いペースで走れたこともあり
県道53号か70号
多分県道53号1 多分県道53号2
この頃は若干肌寒いくらいでした
これはR299R299に戻りました

 センターラインが有ったり無かったり、つづら折れのセクションがあったりもしましたが、全体的には道幅もちゃんとしてて、両方とも走り易い県道でした。T郎セレクションなかなかのもんです。空いてるし、299よりよっぽどいいや。
 さて、国道299号に復帰して、インチキ元塾講師(以下インチキ)が待っている(はずの)道の駅あしがくぼを目指します。

あしがくぼ1車よりバイクでごった返してました
アンケートをお願いされるCRFに乗ったCBRの人あしがくぼ2
あしがくぼ3結局皆でアンケートに答えました
やり切った感溢れるT郎あしがくぼ4

 到着すると道の駅あしがくぼはバイクがいっぱいでした。休憩してると「アンケートにご協力頂けませんか〜」と声を掛けられました。最初は私とT郎くらいのはずだったのが、お兄さんの営業がなかなか上手で、気付けば見事に全員アンケートにご協力してました。

ルート図3
信濃石交差点

 30分ほど休憩し出発します。国道299号から国道140号を南下し県道209号でショートカットし、再び国道299号へ。しばらく真っすぐ走ってコンビニの角を曲がり、いよいよクネクネな県道71号です。
 こちらは若干道幅は狭めなものの、Rがキツすぎることもなく、ひっちゃきになって走るんでなけれないい具合でした。所々浮き砂があって、転んじゃったっぽいバイクを2台ほど見ましたが。現にT郎は一回ヒヤッとしたそうです。亀さんチームは全然OKでしたけどね。
 県道71号を全員無事走りきり、国道462号の宮戸交差点を左折、少し走って道の駅万葉(まんば)で休憩します。で、ココで本日のメインイベント発生です。

亀の子
亀の子になったバイクは初めて見ました
脱・亀の子
3人掛かりで引きずり出します
失意
失意のどん底に落ちたサトーさん
現場写真
器用なことに、画像中央の車輪止めに乗り上げちゃったんですね
でもソフトクリーマー今日のソフトクリーマーズなサトーさん

 道の駅万葉(まんば)に着き、バイク用の駐車スペースに停めようとしてると、いきなりサトーさんが動こうとしません。『ニッチもサッチもいかない』ってのはこういうことをいんでしょうね。見事なもんでした。
 実際、T郎が動かそうとしても前にも後にもビクともせず。『寝かせて引きずっちゃったほうが早くね?』との私の提案はサトーさんが断固拒否しやがり、止む無くA田さんにまで手伝わせて引きずりだしました。え?その時シャチョ〜は何してたんだって?もちろん撮影に勤しんでましたがなにか?

 サトーさんのバイクはロアカウルが破損し、それよりもエキパイが破れたんだかなんだか凄い爆音で、先程通り過ぎた旧車会の皆さんよりハイパワー。どうしたもんかとソフトクリーム食べながら相談です。
 『こんなに排気漏れしちゃってると一緒に走られても迷惑だからエンジンおかしくしちゃうといけないから、応急処置出来るとこまでレッカーしてもらおう』と提案してみますが、「自分で走って帰る!」と、まるで子供のよう。三度目の人生で精神年齢みっちゅの面目躍如といったところでしょうか。
 かといって、これで中断して全員して帰っちゃうには、あまりにもったいない天気とガラガラっぷりです。あーだこーだ協議した結果、最終的に「今日は自分とバイクのマッチングがイマイチ(言い訳)」というインチキ(寄居町在中)が「ウチまで一緒に帰って応急処置してみる」となり、二人はインチキの自宅へ、残りのメンツは予定通り行くことにしました。

ガラガラ
サトーさんの自爆に付き合うにゃあまりにもったいないガラガラっぷりだったもんで

 気を取り直して出発します。すぐそこのスタンドで給油し、国道462号を下り、左折して再び国道299号に戻ります。2年前通った時の一番おいしい区間がココなんですが、今回は逆回りで走ります。
 うさぎさんチームは早々に見えなくなってしまいましたが、亀さんチームは無理のない速度でのんびり。車はいないし天気もいいし、実に気持ちよく走れました。でも亀さんチームにA田さんがいるのだけは違和感です。

東大門さん東大門さんで頂きました
3人ずつ二班で頂きましたA班
B班っても隣のテーブルなんですが

 小鹿野町に戻り、予定通り焼肉レストラン東大門さんに向かいます。先客はバイクが数台とご家族連れが一組。我々も6名なのでサクっと入れました。
 咳に付きオーダーします。私とA田さんがわらじかつ丼、CBRの人がまたぎ豚”ぶり、あとの3人ががっつり丼でした。今回はメガはさすがにいませんでしたね。

わらじかつ丼
小鹿野名物わらじかつ丼(標準サイズ)
がっつり丼
そして(多分)新メニューのがっつり丼
またぎ豚ぶり
またぎ豚”ぶり(どんぶりと読んでね)
A田さん飲んでるのはノンアルコールです、念のため

 当初の予定では、県道71号をもう一回行くか、国道299号を逆回りで行くか、昼食の後に多数決で決めようと思ってたんしたが、熟考した結果ここから最短ルートでインチキ宅に向かうことにします。インチキのくだらないギャグに付き合うサトーさんも、サトーさんに極めてテキトーな相づちをうたれるインチキも、別に両方気の毒ではないんですけどね。既に皆堪能できてたのと、それからかなり暑くなってきてたもんですから。

小鹿野町内
暑いくらい快晴の小鹿野町内
県道?号1T郎のナビ頼みだったので
何道なんだか何号線だかはさっぱりですが県道?号2
県道?号3気持ちいい道がいっぱいでした

 T郎のナビに先導され、国道だか県道だかさっぱり分かりませんが、寄居町を目指して走ります。程よいクネクネだったり荒川沿いだったり線路沿いだったりを1時間程走りインチキ宅に到着すると、サトーさんのバイクが納屋の中でバラけてました。
 インチキによると「エキパイが破けてうるさかったんじゃなくて、車輪止めに乗り上げた衝撃でエキパイが歪んで、テールパイプに刺さってるのが1本抜けただけ」とのこと。抜けたのが1/4本とはいえ300ccが直管ですから、そりゃうるさいわけです。抜けてる1本をとりあえず叩き込みエンジンを始動してみると普通の音量に。ここではこれ以上どうすることも出来ないので、『あんまり回すと圧掛かって抜けるかもしんないから、帰り道はおとなしく走るように』とサトーさんに言い、カウルを付けさせます。にしても工具と作業出来る場所があったのはラッキーでした。しばらくインチキにゃ頭あがんないね。
 サトーさんがカウルを付けている間に、インチキ母がトウモロコシとおにぎりをどっさり振舞って下さいました。 っても今食べてきたとこなんで、頂けたのは3名程。誠に申し訳ございませんでした。

納屋の中の12Rバラけたバイクをなんとかして
自力でカウルを取り付けますカウルを付けるサトーさん

 お礼を言い、インチキ宅を出発します。ちょっと県道を走って、嵐山小川ICより関越道にのり、後はノンストップです。途中6台の玉突き事故があり、その見物渋滞があったくらいで、外環まで含めあとは至ってスムーズに、1時間半程で帰ってこれました。

帰路暑かった寄居町
バイクのくせにバッグインバッグバッグインバッグ

 本日の走行310km。サッカーのワールドカップの予選が10時からというのが効いたのか、どこもかしこもとにかくガラガラな300kmでした。
 その後はいつものようにココスで反省会。いつもと違うのは、珍しくA田さんが参加ということ。昼のノンアルコールビールがよっぽど悔しかったのか、まだ3時半だというのに呑むわ呑むわ。サトーさんと二人で10杯以上いってました。御歳64歳、さすがです。

帰着

 私、先月末から風邪が直らず、おまけにこの日は朝から胃がもたれ、絶不調な朝でした。クネクネ走ってるときなんか、自分の運転で酔ってリバースしそうだったくらい。でもサトーさんのおかげ(?)で気持ち悪さもすっかり吹き飛び、わらじかつ丼食べられるまでに回復できました。サトーさん、この点だけはサンキューな。

みんなの感想

最上部に上がる