ツーリングレポート

平成25年 10月のツーリング

日時:10月14日(月祝)朝6:30出発
集合:6:20 ローソン谷塚仲町店
行先:群馬の山々
昼食:道の駅くろほねやまびこ
行程:ローソン〜東北道・浦和IC〜関越道・水上IC〜県道265号〜利根沼田望郷ライン〜県道64号・奥利根ゆけむり街道〜国道120号〜県道267号〜県道62号〜国道122号〜県道338号〜県道342号〜県道66号〜県道16号〜北関東道・佐野田沼IC〜東北道・浦和IC〜ヨシカワ
ルート図1

 今年のウチのツーは悲しいくらい雨に祟られてまして、山に行こうとすると、雨で中止。若干の雨なら決行してる一泊ツーに至っては、よりによってその二日間にかけて台風が襲来してきやがり、前代未聞の中止となりました。
 なので今年は山に走りに全然行けてないんですね。だからって訳なんですが、ちょうど月曜が祝日ということもあり、晴れの確率が極めて高い体育の日に峠に走りに行ってきました。私もですが、多分ほとんどのメンバーにとってもちょうど一年振りの峠道です。

集合夕方みたいな集合風景
夕焼けの中(?)出発です出発

 6時25分に全員集合、今日ここから出発するのは10名です。いつものメンバーに加え、最年長のA田さん(サトーさんを超える暴走王)と川崎から参加のM野さん(こちらは常識人)が参加です。そういえばこのお二人、去年の10月のツー以来の参加ですな。最早秋の風物詩。
 軽くミーティングをして、6時35分に出発します。

分岐1東北道から北関東道へ
そして北関東道から関越道へ分岐2
赤城高原1赤城高原SAで待ち構えるサトーさん
行き掛り上二人旅だった鍋バパとももらさん赤城高原2

 関越方面に行く場合、いつもなら外環から関越道を行くんですが、前日にA田さんから「外環から行くより北関東道のが空いてて早いよ」とアドバイスをもらいまして。調べてみると少しだけ遠回りですが少しだけ安く行けることが判明し、東北道から北関東道経由で行くことにしました。行ってみると、途中東北道で事故渋滞は有ったものの、北関東道は案の定ガラガラで、予想以上に快適にインチキ元塾講師(以下インチキ)が待つ赤城高原SAに到着しました。
 『国道50号だって空いてるし、この道って必要なの?』と思ってた北関東道ですが、使いようによっては役に立つもんですね。

寒がりなももらさんとインチキ赤城高原3
談笑する面々赤城高原4
赤城高原5そしてもうメットを被ってるA田さん
給油して出発します赤城高原6
関越快適だった関越道
通過ミス
浦和を通過時にゲート側の機械がドジったおかげで色々書かされたM野さん(実は付け焼き刃さんも)

 赤城高原SAでインチキとも合流し、冷えた身体を温めながら今後のルートをざっと説明します。
 当初の予定では沼田ICで下りて県道265号を走り、その先の水上と片品を結ぶ県道63号を走るつもりだったんですが、ちょうど紅葉シーズンにインということもあり、紅葉狩りの車でごった返してて、とても走りを楽しめたもんじゃないだろうということで、前日のお昼までルーティングし直してたといういきさつがありまして。結果、図らずも県道四連発となりました。
 さて、給油を終え9時に出発。20分程走り水上ICで高速を下り、本日の第一県道に突入します。

ルート図2
軽自動車に捕まる皆さん県道265号1
県道265号2そしておきょう☆さん
「ザ・県道」って感じの道でした県道265号3

 まずは、水上から川場に抜ける県道265号です。一年振りの山道ということで、まず自分がちゃんと走れるのか不安だったので、センターラインがあってなるべくRが大きめな道を選んで組み立てた今回のツーですが、この道はちょっと狭かったですね。Rは緩かったりキツかったり、センターラインも無かったり出て来たりだったんですが、全体のペースがゆっくりめだったのと、全長が意外と短かったこともあり、振り返れば肩ならしにゃちょうど良かった感じでした。
 峠を越えのどかな川場村を通り過ぎ、続いて二本目、今回一番美味しそうな県道64号に突入します。

ルート図3
県道64号1峠のトンネルを出ました
ほぼ貸切状態です県道64号2
県道64号3久々のワインディングに興奮冷めやらぬ面々

 県道63号が紅葉狩り渋滞の場合の代替案として目を付けたのがこの県道64号だったんですが、親切な方がいらっしゃいまして、しっかりYouTubeに車載カメラの動画をアップしてくれているんですね。それを観たところ、空いてそうで走りやすそうで、むしろ63号より全然面白そう。で実際に走ってみたところ、ちょっと短めなんですが、この道大当たりでした。私の他にも「何往復かしたいね〜」という声もあがってたようです。
 途中のトンネル出たとこのパーキングでトイレ休憩をします。こういうとこにちゃんとしたトイレがあるってのもちょっとしたもんです。さては群馬県、儲かってやがんな。あとは自販機の一台でもあれば、練習用にもってこいなんですけどね。

混んでる観光地を走り抜けます国道120号1
国道120号2この人が真後ろだと凄いプレッシャーです
薗原湖脇の県道267号県道267号

 峠を下り国道120号に出ます。さすが三連休、そして観光名所の吹割の滝がすぐそばということもあり、なかなか混んでます。もし県道63号を走ってたら、しばらくこの渋滞に付き合わなけりゃならなかったはずなので、そういう意味でも今回のルート選定は正かったんだと思います(自画自賛)。
 しばし安全運転をした後、左折して薗原湖の脇を通り抜け、本日三本目の県道に入ります。

ルート図4
県道62号本日の亀さんチーム

 以前赤城山の大沼に至る県道251号を走ったことがあるんですが、渋滞してるわ、トランポにバイク積んでくる本気の走り屋はいるわと、走りにくいし混んでるしで良い印象が無く、赤城山ってだけでなんとなく敬遠してたんです。で、この県道62号ですが、赤城山の東の裾野を走るんですが、これといって観光名所を通るわけでもなく、適度にクネクネしてるわりには、センターラインがあって道幅広くて。というわけでチョイスしてみました。
 行ってみると、アップダウンもキツくなく路面も綺麗で、ここもなかなかの快走路でした。ゆとりを持って走れるというか。もちろん出そうと思えばそこそこのハイスピードコーナーにもなり得るんで、初心者やリハビリの方からガンガン行きたい方まで、皆さんにおすすめできる道でした。一本前の県道64号で「曲がり方が分からなくなってきた」と言っていた鍋バパにもいい練習になったようで、後ろから見てる限りでは『けっこう掴めてこれたかな〜』という印象でしたしね。
 しかし、少なくとも県道に関しては、群馬県ってなんかいやに充実してますね〜。さてはそこそこ儲(略)。

『道の駅くろほねやまびこ』でお昼ですくろほねやまびこ
食事処食券渋滞してますが、まだ空いてたんです
死にそうなサトーさん(死なないけど)とモツ煮込み定食モツ煮込みサトー
天ぷらそば天ぷらそば
そして私のお目当てのTKG定食ですTKG定食

 県道62号を走り切り、国道122号を右折してすぐの『道の駅くろほねやまびこ』でお昼ごはんです。『お昼はこの辺かな〜』と探してたところ見つけちゃいまして。あんまり、いや、普通ないですよ、『玉子かけごはん定食』って(笑)。しかも3個付いてくる上に更に2個追加可能だそうです。子供の頃ならまだしも、今やそんなに玉子かけごはん(以下TKG)が好きなわけじゃないですが、でもどうしても気になったので独断で決定しました。
 さて食事処に行ってみると、いろんなメニューの写真が貼り出してありますが、TKG定食の写真がありません。若干不安になりながら券売機を探すと、ありましたTKG定食¥600。って¥600じゃ、売る側もあんまり推す気になりませんよね、そりゃ(苦笑)。
 食券を買って席をについて、しばし待つと、きましたモツ煮込み定食。それから天ぷらそば。あれ?どうやら皆さん「寒いから温かいものが食べたかった」らしく、TKG定食は私とCBRの人の二人だけでした。
 さてTKGです。肝心のお味はというと、もちろん美味しかったですよ。野生で育てられてるからなのか、殻はやたら固くて割れなかったし、取れ立てだからなのか、白身と黄身がしっかり分離しててなかなか混ざらない。そのくらい新鮮でした。専用のお醤油も美味でした。ただ、玉子3個(しかもひとつは双子)にゃ、ごはんが少なかったな〜。大盛りかダブルが必要ですな。あ、おそばも付いてきたんですが、それに関してはノーコメントで(苦笑)。
 美味しく頂き席を立とうとすると、たくさんのお客さんが席が空くのを待ってました。ちょっと早めに入って正解でしたね。

ルート図5
国道122号お腹を満たして出発します
県道338号の天神橋
お腹がいっぱいでウトウトしてる訳ではありません
桐生市内のスナックのむら前を通過スナックのむら

 お腹を満たしお土産を買い込み、12時半に出発します。このまま国道122号を行けば北関東道はすぐなのですが、それじゃ芸が無いので、もう一本県道を通ってから帰ります。
 県道3号で桐生の駅前をかすめ、左折して県道66号に入ります。しばらくは市街地ですが、桐生川ダムを越えたあたりから山道が始まります。が、実際に美味しいところはほんのちょっとだったんですね、実は。途中県境を越えて栃木県に入ると、とたんに路面は荒れてくるわセンターラインは無くなるわという、各県の財政状況が垣間見えたような道でした。ま、睡魔を吹き飛ばすにゃちょうどいいくらいのスリリングさでしたが。
 美味しい区間はあっさりと終わり、あとは田舎道をのんびり下り、佐野田沼ICから北関東道に入ります。下道で帰るインチキとはここでバイバイです。

佐野SA1ほぼ出口なバイク臨時駐車スペース
奥に見えるはGS渋滞です佐野SA2

 休憩した佐野SAは人と車とバイクでごった返してまして、すでにGSは長蛇の列。「間違いなく時間掛かるから」と、タンクの小さいももらさんのブロス、そしてウチからご自宅までまたひとツーのM野さんが並びに行きます。結局給油して戻ってくるまでに20分近く掛かりましたかね。
 その間他のメンツはもれなくソフトクリーマーに変身しようと試みますが、売店はおろかソフトクリームも長蛇の列でした。何人かは変身できましたが、私ゃあきらめてオロナミンCにしときました。さっき生卵食べたしね。
 『この先は絶対ずーっとスリ抜けだし』と覚悟して、2時40分くらいまでしっかりと休憩して、ココスに向けて出発します。もちろんあとはノンストップです。

亀さんチームエコラン中の亀さんチーム
帰着したものの、まだひとツー残ってるM野さんM野さん
ココス全員帰着しました

 予想に反して東北道は渋滞してませんでした。真っ当な何名かとエコランせざるを得ない何名かは安全運転で、まだガソリンに若干の余裕が有る何名かはそれなりの勢いで、それぞれココスを目指します。浦和ICで高速を下り、国道122号の渋滞をスリ抜け、外環の下あたりで何班かに別れましたが、 4時前に全員無事に帰り着きました。
その後反省会をし、まだひとツー残ってるM野さんのことを考慮して、5時半に解散しました。
 本日の走行250kmくらい。久しぶりだと集合写真取り忘れますな。

眠そうなCBRの人

 実はこの翌週の20日に『霧降道路でヒロミちゃんを鍛え上げようツー』を企画してたんですが、思った通り雨天中止となりました。さすがヒロミマジック、ワクワクしただけで雨を降らせます。ホント最強の雨女です。
 干ばつでお困りの方、ご連絡頂ければご相談に乗りますよ。お代は出来高報酬で結構です。

みんなの感想

最上部に上がる