ツーリングレポート

平成24年 10月のツーリング

日時:10月21日(日)朝7時出発
集合:足立区平野・R4沿いのでかいセルフのシェル石油
行先:山中湖
昼食:山中湖の「ほうとう」「石臼挽き日本そば」専門店 庄ヤ
行程:シェル石油〜首都高〜東名〜大井松田IC〜県道78号・足柄峠〜県道365号〜小山市〜県道149号〜県道147号・明神峠&三国峠〜山中湖〜県道729号〜国道413号〜庄ヤ〜国道413号・道志みち〜県道76号〜国道20号〜中央高速・相模湖IC〜首都高〜ココス
ルート図1

 本日の参加者があらかた揃ったであろう6時50分、でもまだT郎が現れません。こんなに集まってるのに、しかも『集合はココ』って決めたのは自分のはずなのに、『あれ?集合場所間違えた?』と不安になってくるのは何故?
 結局ただの遅刻でして、出発時間の7時ちょうどにT郎が現れました。でもいつものようにCBRの人は現れず。一応T郎に確認すると「海老名集合でお願いします、と」と。
 ココからのスタート総勢10名。10分押しにて出発します

久々と見送り
(久々に参加のA田さんと海老名までお見送りのバイク便の暴走シャチョ〜)
(そして遅刻したT郎)T郎
首都高
(首都高は空いてて快適でした)

 昭和通りを南下し、久々に入谷から首都高に。7時過ぎなのでどうかなと思ってましたが、山手トンネル効果なのかガラガラで快適でした。そのまま至極順調に東名に。こちらもまぁ空いてましたね。寒いせいもあり、周りの流れにのって安全運転で海老名SAに8時に到着。SAに入ってすぐに目に飛び込んできたのは・・・。

修理中

 A田さんパンクしたようです。「◯◯0km/hで走ってて、急にリアの空気無くなると、さすがにビビるね!」と、何故か嬉しそうに仰ってました。幸いT郎がパンク修理キットを持ってたので修理して、手押しポンプで少し空気入れて、その後GSで空気入れてもらって、一応一段落しました。
 ココで集合の久々参加のM野さんと、7時に起きたはずなのに何故か私より早く着いてたCBRの人も無事合流し、朝ごはんしたりして冷えた身体を暖めます。

M野さん(2年振りに参加のM野さん)
(そしてカレーパンマン)カレーパンマン
高級車(この日はランボルギーニ祭りでした)
東名上
(富士山を眺めながら走ります)

 厚木ICでUターンして帰るバイク便の暴走シャチョ〜を見送った後、8時40分に我々も出発。隊列を組みお行儀良く走り、大井松田ICで東名を下ります。そして市街地の中の真っ直ぐな道を本日最初のクネクネ目指して走ります。

ルート図2

 出発前に『足柄峠ってとこをまず走りまして』と言ったところ、A田さんに「あ〜、あの苔(コケ)道か〜」と言われてしまった県道78号ですが、行ってみると、確かに細めのワインディングではありますが、路面コンディションはそんなに悪くもありませんでした。が、走りにくいっちゃぁ走りにくい道でしたね。『この道が特にそうなの?それともこの時期だけ?ってかこの時間帯だけたまたま?』ってくらいサイクラーが多かった。それに輪をかけてランナーが多かった。あんな山道、自転車で登るってのだけでも尊敬もんなのに、走って登ってますからね。尊敬を通り越して、最早(略)。
 峠の茶屋を越してすぐに絶景ポイントがあったので富士見休憩です。休憩中、なんか甲高いエンジン音がずっと聞こえるな〜と思ったら、遠くに富士スピードウェイが見えてました。

集合写真1
(こんな道っ端ですが絶景でした)休憩全景

 ここからの下りはほぼずっと富士山見放題でしたが、けっこうつづら折れがキツくって、それどころじゃありませんでしたね。
 市街地に下りてしばらく走り、続きまして本日2本目のクネクネの三国峠越えです。

ルート図3

 明神峠から三国峠へと続くこの県道147号は良い道でした。今回のツーの大当たり。まずなにより車が少ない。そして道幅広く、Rもほどほど。気持ち良いペースでグイグイ走れました。リピ決定だな、ココは。
 でも気持ちよかったのも三国峠まで。峠を越えて下りになったとたん、路肩に車と人間がウジャ〜っと。混み過ぎててバイク停められなかったんで写真も撮れませんでしたが、山中湖越しの富士山を一望できる場所だったんですね、ココ。確かに非常に絶景でしたから、富士見スポットとしてはオススメです。平日か、あきらめて四輪車でなら、行く価値は充分あると思いますよ。

三国越え後1(富士見スポットを過ぎてから)
(山中湖畔まではガラガラでした)三国越え後2

 山中湖畔を回る国道413号に出て、交差点すぐの7-11で小休止。時間はまだ10時半だったりします。このまま時計回りで山中湖の南側を通って、昼食予定の庄ヤさんに行く設定だったんですが、どうゆっくり走っても15分あれば着いちゃいます。そこでルートを逆転し、先に県道729号で半時計回りに北側を行くことにします。少しは時間稼げるでしょ。
 10分程小休止した後出発します。結局それでも開店時間前に到着しちゃったんですけどね。

県道729号(木漏れ日の湖畔を走り)
集合写真2
(時間調整のため再び集合写真です)
(富士山から見るとこんな感じ)集合写真の裏側
再び県道729号(お昼ご飯を目指し走ります)
(富士山と山中湖)山と湖

 流れが良かったせいもあり、再出発後程なく庄ヤさんに到着しちゃいました。時間は10時50分。『準備中』の札は掛かってますが、入口は開いてます。中に入り伺うと「入って頂いてて構いませんよ〜」と言って頂けましたので、ブーツを脱いで窓際の席を陣取りました。

駐車場(庄ヤさんに到着しました)
看板1 看板2
(庄ヤさんを撮影するCBRの人を撮影)入口

 腰を落ち着けオーダーします。ほうとうを食べに来たんですが、この頃になると日差しもだいぶ暖かくなっていて、むしろ軽く暑いくらい。「熱そうだよね〜」と皆若干躊躇してましたが、結局ほぼ全員がほうとうをオーダーしました。一部、お蕎麦だったりわかさぎ定食だったりした方もいらっしゃいましたが。
 ほうとうとわかさぎのどちらにも惹かれた私は、わかさぎも付いてる庄ヤセットにしました。出てきたのを見てそのボリュームに軽く後悔しましたが、ハラペコなうえに美味しくて、食べ始めたらあっさりと完食しちゃいました。我ながらまだまだ若いじゃん。でも途中でベルトを緩めたのはナイショです。

いわれ
(『ほうとうのいわれ』だそうです)
店内にて1(ダベりながら待ってると)
(来ました)店内にて2 桜もつ煮込(桜もつ煮込)
(かぼちゃほうとう)ほうとう単品
庄ヤセット(わかさぎ付きの庄ヤセット)
(ほうとうと)ほうとう
わかさぎ(わかさぎです)

 全員食べ終わり、お店を出たのが11時50分頃。すぐお隣にGSがあったので、準備出来た人から順に給油し、出発したのが12時10分。山中湖の南岸をグルッと回って先ほど小休止した7-11の先の信号を右折し、本日3本目のクネクネの道志みちに入ります。

ルート図4

 『この時間ならまだそれほど混んでないだろう』と思ったんですが、意外に渋滞してました。いや、渋滞と言うより、全体的に流れがのんびりだったんですかね。暖かい上にお昼食べてすぐなんで、すかさず睡魔が襲って来ますが、お土産タイムの『道の駅どうし』はすぐそこ・・・なはず。頑張って走ります。

大福(さっき飯喰ったのに大福3個入りなT郎)
(CBRの人はソフトクリーマー)ソフト
クレソンアイス(シャチョ〜はクレソンアイスキャンデァー)
(賑わってました)道の駅どうし

 人と車でごった返してる『道の駅どうし』には12時40分に着きました。『13時に出発』と決めて、お土産買ったり一服したり。でもなぜがソフトクリーマーに変身したのは、今日はCBRの人だけでした。あのほうとう、結構ボリュームあったもんね。
 お土産も買い終わりなんとなく集まったところで帰りのルートの確認をします。川崎市在住なM野さんが「調布ICで下ります」とのことなので、石川PAに寄るか否か迷いましたが、それほどの距離でもないはずなのでノンストップで帰っちゃうことにします。一応M野さんに挨拶を済ませ、他のメンバーには『首都高は、トンネル通るなり真ん中通るなり高井戸で下りるなり、自己責任で自由行動!』ということにして帰路につきます。

(不本意ながら安全運転ですが)道志みち1
山(とってもバイク日和でした)
(相模湖ICから中央道に)相模湖IC

 自由行動といっても相模湖ICまでは一緒に走ります。が、ここからも不本意ながら安全運転です。所々で前を走る四輪車が道を譲ってくれるんですが、それでもすぐ次の車に追いついてしまい、どうにも眠くなっちゃいます。
 それでも、どっかの地点でアメ車ベースのキャンパーが道を譲ってくれまして。そこから国道20号寸前までは快適に走れました。でも実はこの間、それまでの眠さの蓄積のせいか、頭がずーっとボンヤリしてて『起きてるけど寝てる』ような感覚でした。身体はちゃんと起きてて道路状況に反応してて、その上余計な力が抜けてるもんで、悲しいかなむしろいつもより上手に走れた気はするんですけどね。
 そんなこんなで相模湖ICに到着し、ここからは自由行動で各自ココスに向かいます。

帰着
(15時30分全員無事帰着しました)

 朝から「シフトチェンジする時おかしい」と言ってた鍋バパが心配なのでしばらく一緒に走ってましたが、八王子ICを過ぎたあたりでM野さんを発見したので、おかしいのに加速して行っちゃう鍋バパはこの際放っといて、M野さんと走ることにしました。
 しばらく一緒に走った後、調布ICで下りるM野さんとバイバイし、そこからは久々に一人旅です。首都高の真ん中を行くかどうするか迷いましたが、14時19分、当初の予定どおり高井戸で下りてみました。
 環七に出てみると、思ってた程渋滞してません。時間的に白バイがいないとも限らないし、それより今後のためのデータ取りのつもりもあったので、スリ抜けたいのを我慢し、ほぼ車の流れで帰って来てみたところ、14時55分には帰着出来ました。距離的には山手トンネルを使うのと大差ないはずなので、道路状況によっては¥900分有利なわけですね。
 直帰したA田さんを除いて15時30分前に全員帰着し、ココスに移動し反省会。17時に解散しました。
 本日の走行275km。ちょっと走り足りない気もしましたが、天気もよく気持ち良いツーでした。

(昭和の喫茶店的な画)サトーさんの席

最上部に上がる