ツーリングレポート

平成23年 5月のツーリング

日時:5月15日(日)朝6:30出発(10分前集合)
集合:パラーダ草加店
行先:菅平近辺〜北軽井沢方面
行程:パラーダ草加店〜草加IC〜外環〜関越〜上信越〜東部湯の丸IC〜県道4号・真田東部線を一往復〜県道94号・東御嬬恋線〜つまごいパノラマライン〜県道235号・大笹北軽井沢線〜北軽井沢〜県道54号・長野原倉渕線〜県道33号・渋川松井田線〜松井田妙義IC〜上信越〜関越〜外環〜ココス
昼食:北軽井沢ママズガーデン

 パラーダ草加店でみんなが集まるのを待ってたところ、珍しく時間に余裕を持ってT郎が現れました。と思ったら開口一番「おきょう☆さんに電話してください!」と。「4号をこっちに向かう途中ですれ違いました!」。
 どう贔屓目に考えても集合場所を間違えてるので慌てて電話しましたが、掛けても掛けても繋がらず・・・『誰かに呼びに行かせなきゃダメかな〜』と思ってた6時23分、おきょう☆さん無事集合しました。良かったよ〜、しかしドジ子ちゃんだねぇ・・・
 で、まだ来ない2名を一応待ってたら6時29分になりまして。『ロコさんとCBRの人、案の定来ないね〜。って、しっかりメール入ってたりしてね』とふざけて携帯見てみたところ、マジでロコさんからメールが入ってました。「目覚ましをスルーしちゃったので直行します」と。やれやれ。一方CBRの人は何度電話しても出やしません・・・ほっといて出発することにします。

集合場所間違えた人 (集合場所を間違えた天然おきょう☆さん)
(予定より2名少ない7名で出発です)出発する7名

 4号を北上し、外環〜関越〜上信越と走ります。予定では関越の料金所出たとこでバイク便の暴走シャチョ〜とイケさんが待ってるまずだったんですが、姿が見えません。『サトーさん追っかけて先行っちゃってんだろな〜』と特に気にも留めずに行っちゃいます。 「花園IC辺りで待ってます」と言ってたインチキ元塾講師とは無事合流し、第二集合地点でもある横川SAを目指します。

応急処理 (毎月SAでなんかしてるな、俺)
(待ち疲れたプロレスラー)レスラー?

 横川SAに着きました。が、サトーさんは居ますが、バイク便の暴走シャチョ〜もイケさんも姿が見えません。どう考えたって、俺より速いはずなのに・・・
 と思ったらおきょう☆さんが「シャチョ〜・・・バカなことしちゃった〜・・・」と半ベソです。どうやら高速入ってからしばらくの間(略)。おまけに、そのせいだかネジが一本落下してました。幸いどこにも行かずにバイクの上で大人しくしててくれたので、拾って付けて事なきを得ました。持つべきものはタイラップとウエスと軍手です。
 さて、ロコさんは我々に10分遅れて到着しましたが、残る3名が小一時間経っても未だ来ません。すっかりグダグダになりながら待ってると、まずバイク便の暴走シャチョ〜とイケさんがやっと到着。なんでも「7時過ぎに関越の入り口に着いて、30分待ってた」と。そんな時間にゃそんな所はとっくに通過してます。いくらなんでも30分掛からんっちゅーねん。
 で、お待ちかねのCBRの人が着いたのが9時10分でした。『何時に家出たの?』と聞くと、「7時45分です」と。怒る気にもなりません。ってか、逆にある意味たいしたもんです。交通安全週間だというのにブラボー。サトーさんも真っ青、もといサトーさんは桃色。

ロコさん(10分遅れで到着)
(小一時間遅れた2名)30分待った隊
CBRの人(1時間10分後に到着)

 到着したのが8時で、給油して出発したのが9時半。ここまで長い休憩は初めてかも。いや、間違いなく初めて。一眠りできたな。

 東部湯の丸ICで高速を出て、本日一発目の山道に向かいます。3年前に多摩市の友達のバイク屋さんに教えてもらった道なんですが、 ココが実にいいワインディングなんですよ〜。今回のメンバーにも絶賛してもらいました。ただ、教えてもらった時は平日だったので他に車もいなくて非常にいいペースで走れたんですが、今日は日曜日。残念ながら多少遅い車がいました。いや、正確には、多少の車と遅いバイクが1台いました、私の2台程前に。誰とは言いませんけど。
 「コイツには3年ぶりに乗るんで、今日はリハビリです」ってさ〜、自宅の近所が山ばっかなんだからさ〜、ちったぁ自主ビリしてこいっ。

連写中
(東部湯の丸ICの出口で連写するサトーさん)

 県道4号・真田東部線を一往復し、道の駅『雷電くるみの里』で休憩です。すでに10時半なので小休止のつもりが、またまた30分も休憩です。ホントにウチのツーの休憩は長い。高齢化ツークラブだから仕方ないけど。
 当初の予定では11時半にゃ北軽井沢に着いてて昼飯、さらにその後ふたつ峠越えなのですが、時すでに11時。こんな時間だとお昼が何時になるんだか、そしてその先の行程が不安になってきます。でT郎に『このペースだと、後半の行程カットかもしんねぇな』と言ったところ、あっさり「大丈夫じゃないですか」と。『なんなんだこの自信は』と、この時は思いました。

くるみの里(道の駅 雷電くるみの里)
(雷電ってこういうことだったのね)雷電
CBRの人(朝ごはんだそうです)
(天気良い・車少ない 快適でした)県道94号

 11時にくるみの里を出発し、たかさん(残念ながらライセンスの関係で本日不参加)お薦めの県道94号・東御嬬恋線を走ります。 東御(上田)側からの登りはRのキツいコーナーの多い、いわゆる『つづら折れ』な道でしたが嬬恋方面へ下りていくほうは見通しの良いRの緩やかな道でした。
(というか、下りがつづら折れなのはキツいので、わざとこのようなルーティングをしたんですけどね)
 事前に調べたところ、「地蔵峠の湯の丸牧場は観光牧場ではなく純粋な牧場なのでソフトクリーム目当てで行ったらスカされた」というような情報を得ていたので、単に通過するだけにしたのですが、行ってみたらソフトクリームだらけでした。もっとも、ハイカーの皆さんでそこそこ混んでたので、休憩するにしてもちょっとアレでしたが。
 そしてつまごいパノラマラインへ。こちらはガラガラの貸し切り状態、といってもワインディングではなく、高原の畑の真ん中を通るのどかな農道でした。でも気持ち良かったな〜。最近俺こういう道好き。

 そのパノラマラインの途中でちょっと分かりにくい分岐があり、T郎が止まって地図を確認し出しました。ちょうどその場所にいい具合の駐車場が。景色もなかなか悪くないので、急遽集合写真を撮ることにしました。
 『こっちをバックにして、バイクをこう並べて、この角度で。このドラム缶、高さ調度いいんでない?カメラ、カモーン!』とコマンドを出したところ、カメラが4台も集まりまして。おかげでまたひと騒ぎです。なかなか面白かったけどね。

駐車場?(こういう場所があったので)
駐車場?(バイクを並べたらですね)
撮影隊1(なにやらはじまりました)
(おきょう☆さんウケてます)撮影隊2
なにやってんだか(その画像 こりゃウケるわな)
(って、あなたもけっこう変よ)撮影隊3
集合写真1
(で、おきょう☆カメラの画像) 集合写真2
(T郎カメラの画像)
集合写真3
(ロコカメラの画像)
集合写真4
(CBRの人カメラの、集合写真だったはずな画像)

 で、結局再出発したのが11時半。また30分も休憩です。ちょうどお昼時だし、予定のレストランはそこそこ好評なとこだし、待つには腹ペコだし。とりあえず向かってみることにします。パノラマラインから県道235号に入りさらに国道146号を南下。皆が浅間牧場の茶屋に入って待機してる間に、私はママズガーデンさんに様子を見に行きます。『12名なんですけど〜』と聞いてみると、幸い屋外の席が全席空いてたので、お願いして電話で皆を呼びます。ちょうどその頃茶屋ではちょっとしたショータイムが催されてたんですね。私は目撃できませんでしたが。

浅間牧場茶屋
(ここでちょっとしたショータイムが・・・)

 席に付いて各々オーダーします。ちょうど12時を回った時間、さらにこの人数で押し掛けた上ばらばらなモノを注文したので、多少出てくるまでに時間掛かりましたが、『近所のペンションのオーナーが食べに行く』と評判のお店、さすがのお味でした。
 食後には”缶じゃない”珈琲まで楽しみ、ウチのツーの昼飯とは思えぬ程穏やかな時間を楽しみました。

1班
2班
3班
(ちょど4名ずつで3テーブルでした)
オムライス
(ランチのデミオムライス・デザート付き)
とんかつとか
(手前デミとんかつ・奥カツカレー)
パスタ
(柚こしょうパスタ)

 2時にママズガーデンさんを出発しガソリンを入れ、午後の部に突入です。食後の休憩をたっぷり取ったせいか、はたまた流れも良く快適なワインディングだったせいか、今回は眠くならなかったですね〜。西から東に走る県道54号・長野原倉渕線は、前半がワインディング、後半が川沿いに走るゆったりとした道でした。後半は多少混んでたけど、のんびり気持ち良く走れました。
 そして本日ふたつ目の地蔵峠、県道33号・渋川松井田線です。こちらはちとハズレ。ってかコーナーはいいんだけど工事で信号がいっぱい。うさぎさんチームのことは知りませんが、すっかり心がポキッなJUNさんを先頭に、おきょう☆さんと私の3名でのんびり走りました。

 県道33号を抜け、国道18号から松井田妙義ICに向かいます。料金所手前で『上里で休憩&一次解散』と決め、若干のトイレ休憩の後走り出します。順調だったのもつかの間、すぐに渋滞してきました。それもそのはず、関越に入った途端に追突事故です。合流手前からずーっとつながってました。でも上里SAはガラガラ。給油しに行くとスタンドのお兄さんが「さっきまではかなり混んでたんですけど、急に空いたんですよ〜」と。どうやら掘りたてのホヤホヤだったようですね。おかげで(?)並ばずにソフトクリーム買えました。さらに休んでる間に事故がもう一件起きたようで。『事故見事故』だったのかしらね〜。
 4時半まで休んで、「後はココスまで自由行動!』として出発しました。

(正直危ないとこでした)トイレ
野ション(こっちは今回も我慢できずに大自然と一体化中)
(上信越道は途中までは快適でした)2班
3班(ガラガラな上里SA)

 残り少ない高速千円を味わっとこうという人は、やはり多いんでしょうね。帰りの関越道はやはり渋滞してました。でも、自粛ムードの影響なのか、いつもよりは軽めの渋滞だった気がします。多少のスリ抜けをしつつ外環に入り、草加ICで下りて国道4号をスリ抜けしつつ帰着しました。ドン尻のT郎が18時ちょうどに帰着。なんか結局予定通りの時間です。

 6時半に出発したんですが、今回は結局何時間”走ってた”んでしょうかね?休憩があまりにも多かったツーでした。でも、昼飯といい帰着といい、要所の帳尻は合ってるんですね〜。高速が空いてたのと、あと峠のアベレージがムダに速いってことになるんだと思います。T郎の「大丈夫じゃないですか」は、そういう意味だったんですね、きっと。
 走行470kmくらい。まったくルーティング通りに行って帰ってこれました。

 この後ココスで反省会なのはもちろん、サトーさんと鍋バパがジョッキ3杯いったのは言うまでもありません。

最上部に上がる