ツーリングレポート

平成22年3月のツーリング

当初は日曜に予定していたんですが、前日の17時の天気予報によると午前中を中心に強風&雨・・・故にあえなく中止。ま、その前から『日曜ヤバそうじゃん〜・・・』という話になってまして。
で、常連さん何人から『月曜に順延ってのはアリ?』という話が出てまして、中止を決定した後に順延を決定して、月曜に行ってきました。

日時:3月22日(月・祝)7:20ヨシカワ集合・7:30出発
行先:千葉県南房総市 「お食事処 くじら家」 &千葉県安房郡鋸南町 『音楽と珈琲のお店 岬』
行程:ヨシカワ〜環七〜京葉道・篠崎IC〜館山道・姉崎袖ヶ浦IC〜久留里街道→国道410号〜県道168号〜高滝湖〜県道173号〜県道172号〜県道177号〜県道82号〜国道128号〜くじら家・昼食〜国道128号〜県道296号〜県道186号〜県道89号〜国道127号〜明鐘岬・カフェ岬・一服〜国道127号〜県道237号〜館山道・富津金谷IC〜木更津JCT〜東京湾アクアライン〜川崎浮島JCT〜首都高〜ヨシカワ

 今回の参加者は総勢14名。『なんか今年は出席率いいな〜』と思ってたら7時過ぎにロコさんからメール。『隊長がダルメシアンなので欠席します〜m(_ _)m』とのこと。なんかよう分からんが、要するに早くも一名リタイヤってことです。ま、幕張で合流の一名と市原で合流の二名以外は7:25には集合したので、軽くミーティングをして出発します。

出発〜
(出発です)

 環七〜京葉道と順調に流れ、第一集合地点の幕張PAに到着。8:15のつもりが8:05に着いちゃいました。んで『ねーさんドコにいるんだろう?』と探してみましたが、いない。『ま、まだ15分になってないし〜』と思ってたら、『カギが開けられないっ』とももらさんにメールが来てました。バイク本体ではなくチェンロックをいたずらされて、ぞのカギを開けられずにヒーコラしているようです。結局カギ屋さん呼ぶことにしたとのことで、ここで二人目リタイヤ・・・。休憩するまでもない距離なので、早々に出発します。

ねーさんがね・・・
(ねーさんからのメールにギャフン)

 しかしさすが三連休。すでに宮野木JCTから渋滞が始まってました。朝っぱらからすり抜けです。千葉東JCTの手前あたりからやっと流れるようになり、その後は空いてましたけど。東金とか大変だったんだろうな〜。あ、途中富士山がキレイでした。

 ちーむ栗蔵のお二人が待ってる市原SAには8:40くらいに到着しました。けっこう待たせたはずなんですが、にもかかわらずウチの店員Aの目はロッテリアに釘付け・・・。ええ、私、優しい社長で有名なもんで、行かせてあげましたとも。『朝メシ食ってきていいよ』と。休憩が長いのがウチのツー、チーム栗蔵さんは結局小一時間ほど休憩?

栗蔵1/2他
(シャチョ〜と栗蔵の1/2)

 すぐ先の姉崎袖ヶ浦ICで高速を降りると、千葉ののどかな一般道です。店員Aが先週 ”自主的に”下見に行ってたので、分かりにくいルートもスイスイでした。道幅は広くなったり細くなったり、でもそれほど激しいコーナーはなく、のんびりツーリングといった感じでした。ま、峠に走りに行ったわけじゃないからね〜。

県道1(千葉ののどかな山道)
(そしてのどかな県道)県道2

 県道168号で高滝湖に出ました。加茂橋を渡る最中、湖の中に不思議なオブジェが・・・。足6本あるし、カマキリっぽい。なんかね〜、美しいっつーより不気味だったのよね〜・・・。『水と彫刻の丘』ってのが畔にあって、その関係のようです。拾い画像ですがコレ。正体はかげろうのようですな。

不気味なオブジェ
(これです、美しいんだか不気味なんだかなオブジェ)

 高滝湖を過ぎてからも道路は空いてて流れもよく、コーナーもキツすぎず、冬眠してた体を起こすにはちょうどいいくらいのワインディングでした。風景もアレだし休憩ポイントもほぼありませんが、9時過ぎくらいに高速降りて10:40には安房小湊のローソンで休憩してましたから、50km以上を1時間半ですか。国道メインで行ってたらこうはいきますまい。道を選べば千葉県もこわくありませんね。ただ、ローソンに着いたら『トイレーっ!』って男女問わず駆け込んでましたけど。

やっとトイレタイム(半数は駆け込みました)
(海がキレイです)撮りながら撮られてる人

 『むこう着いてから、混んでて外で待つのもアレだし』ってことでローソンを出発し、くじら家さんに向かいました。シーワールド前後の国道128号は渋滞してるはずなので、一本裏の町道を抜けて行きます。ある程度回避できたはずなんですが、128号に戻ってみたらまだ渋滞してました。さすが三連休。でも少しすり抜けてたら空いてきて、トンネルふたつ抜けたあたりからはスイスイでした。程なく『くじら家』さんに到着。4人ずつ3席に別れましたが、すぐに座ることができました。

(くじら家さんに着きました)くじら家さん前
くじら御膳(くじら御膳)
(立田揚げ定食)立田揚げ定食
ハラミ焼き定食他(ハラミ焼き定食とももらさん)
(ちーむ栗蔵と・・・ストーカー?(-_-;) )ちーむ栗蔵
おじいちゃんの店(おじいちゃん・・・と・・・)

 美味しくくじらを頂いて、一服してお土産買って、次の目的地に向け出発です。ガソリンを入れてから県道186号、そして県道89号を走ります。この道がまた良かった。曲がり方思い出すのに調度良く、私の中の眠っていた何かが目覚めました(それほどのことぢゃない)。気持ちいい〜って走ってたら、あっという間に対岸に。30分かからず房総半島横断しちまいました。
 でも、ここから先、国道127号は『ばんや渋滞』しちょりましたね。『夢のカレー』の手前あたりからやっと流れるようになりましたけど。

渋滞中
(127号、混んでます)

 やっと流れるようになったと思ったらすぐ次の目的地、『音楽と珈琲のお店 岬』に到着です。でもね、ここの入り口分かりにく過ぎ。入り口で止まれたのは行ったことのあるJUNさん他2台くらいかな。あとは通り過ぎてしまいUターンしました。ここは分かんないわ〜。

岬の入り口
(岬の入り口 こりゃ見落とすってば)

 『時間によっては省略か?』と思っていた『岬』さんでしたが、14時には着けたので、予定どおりバナナアイスです。当然、店内に収まる人数ではないので、表の大きなテーブルを占拠して、アイスが来るまで撮影したりされたり磯に下りたり。

岬の看板(外も中も、実に味のある建物でした)
(お嬢さん(?)二人)はい、チーズ 海が俺を呼んでるぜ(なぜかこういうポーズしちゃうんだよね〜)
(磯に降りたらイソギンチャクがいたそうです)高いカメラっぽい画だ 本木の嫁の親父(あっ!シェキナベイベーの人だっ!)
(んでバナナアイス)手作りなんだって
ホント嬉しそう(美味しい顔ってどんな顔〜♪)
(を、後から撮った図)メイキングっぽい
そんな渋い顔して食わなくても・・・(五十路同士、実に仲がいい)
ショボーン
(ギャグがすべって落ち込んでるんだよ!放っといてくれ!)
集合

 食べ終わって集合写真撮って、千葉市在中で一般道でトコトコ帰るちーむ栗蔵さんとはここでお別れです。あーだこーだ議論しましたが、我々東京都民(一名を除く)は当初の予定通り東京湾をくぐって帰る事にします。フェリー乗り場のすぐ先、富津金谷ICから館山道に乗ると・・・大渋滞・・・。おまけに対面通行なので、すり抜けする場所もありません。仕方なく渋滞にハマります。渋滞したり解消してみたり、結局この渋滞は環七まで続くのですが・・・連休最終日の怖さですね。

栗蔵(ちーむ栗蔵)
(大刀と小刀)栗蔵2台

 でも、アクアラインのお陰といいますか、17時前に帰り着きました。15時に向こうを出てますから、あのド渋滞でも2時間弱で帰り着いたことになります。アクアラインえらいっ。ただ、JUNさんだけ待てども待てどもなかなか帰って来ず・・・。『やっちまったか?』と不安になってきたころようやく帰ってきました。どうしたのか聞いたら『どーしてもおし○こ我慢できなくなって、途中でしてきた』と。少しだけチビったそうです。んでお決まりのココスで反省会して18:30に解散しました。本日の走行390km。くじらは美味しかったし花粉も少なかったし、楽しかったな。

びりっけつ
(少しだけチビっちゃった人)

おまけ(マウスをのっけて三秒待ってみて)
拘束された不二子ちゃんを・・・
(こんなのが塾の講師してたんだよ〜・・・)

最上部に上がる