ヨシカワロゴ
0=トップ 1=売り物 2=ツーレポ 3=写真蔵 4=掲示板 5=SS-Club 6=シャチョ〜のブログ 7=リンク

ツーリングレポート

平成26年 初詣ツーリング

日時:1月19日(日)8:20足立区平野・R4沿いのシェル石油集合 8:30出発
行先:平塚市前鳥(さきとり)神社
昼食:フィッシングガレージ『シャロウ・ビー』
行程:シェル石油〜環七〜国道246号〜国道467号〜県道45号〜県道22号〜国道129号〜前鳥神社〜国道129号〜シャロウ・ビー〜国道134号〜県道30号〜国道1号〜横浜新道〜第三京浜〜環八〜目黒通り〜桜田通り〜日比谷通り〜昭和通り〜ヨシカワ
ルート図

 『永遠のワンパターン、初詣ツーは高尾山』と決めてまして。もうずっと長いこと、少なくとも20年以上は通ってました。が、ミシュランに掲載された頃から『荒れてきたな〜』と感じてまして。おまけに去年はいつも利用してる駐車場にまで断られる始末。いい加減嫌になり、平成26年からは違う神社に行くことにしました。
 で、『じゃあどこにすっか?』と探してみましたが、これがなかなか難しく。神社自体は山のようにあるんですが、程よい範囲内で『バイク屋の初詣ツーにもってこい』というのがなかなか見当たりません。そこで目先を変えて『何喰うか?』で探してみたところ、バッチリなお店を見つけちゃいまして。
 で、そのお店の近くの神社に初詣ツーに行ってきました。メインが学問の神様なんで、全然『バイク屋の初詣ツーにもってこい』じゃなかったんですけどね(苦笑)。

出発
出発しました
ツートップ
本日のツートップ
鹿浜橋上 痛いくらいの快晴です

 前日の天気予報によると、「朝から晴れるものの、夜中に降雪」、おまけに「最低気温は2℃」とのこと。朝になってみればキレイに晴れてはいるものの、案の定もの凄く寒く、最早痛いような気温でした。こんなんでいったい何人集まるんだろうと不安になりましたが、集合してみれば物好きが7名も集まりました(スタッフを除く)。皆さんさぞかし娯楽に飢えてるのね。
 最初の休憩までの行程を説明し、8時半ちょうどに9台で出発します。

246上
R246でねーさん合流
暖を取り中
暖をとる皆さん
三人娘(?)
スモーキン三人娘(娘?)

 そこそこ混んでる環七を走り、いつもは曲がる国道20号を通り過ぎ、国道246号を右折。ここで待ち合わせなねーさんと合流し、厚木方面へと走ります。環八を越えたあたりから流れもスムーズになり、多摩川を渡って川崎に入ってからは予想に反してガラガラでした。1時間ちょっと走り最初の休憩のローソンに到着。再出発を10時とし、冷えた身体を暖めます。

ださい
虎キチを敵にまわすGファンのT郎
ださいの?
虎キチなのになぜか嬉しそうなねーさん

 強風の中を10時に再出発。空いてる国道246号を下り、途中で国道467号に。で、コレが大失敗。『厚木市内の渋滞を避けるため』だったはずなのに、むしろ渋滞にハマっちゃいました。結局この渋滞は、桜ヶ丘駅の南の踏切を渡るまで続きます。通ってないからなんともですが、休日の午前中ならそのまま国道246号を行ったほうが早いかも。
 踏切を渡ったあとはスムーズでした。自衛隊の基地の脇を通ったりしながらのどかな県道をのんびり走ります。しばらく走り『そろそろ相模川で、ってことはもうすぐだよな〜』と思ったところで、なぜかスリーエフに急遽ピットイン。どうやらももらさんの我慢が限界に到達しちゃったようです。もうちょっとだったんだけどね〜。

急遽ピットイン
ピットインしまーす
富士ちゃん
富士山に向かって走ります

 トイレ休憩を終え一服し、再々出発します。この日は東京出てから富士山三昧だったんですが、相模川を渡る戸沢橋の上からは富士山が特にキレイに見えました。橋を越えて、真っすぐで道幅広い国道129号を南下。15分ほどで前鳥(さきとり)神社に到着しました。

駐車場
到着しました
境内案内図
何事も先取り叶う前鳥の宮
参道
参道を社殿に向かいます
清め中
ちゃんと手は清めましょう
社殿
お参りが終わっておみくじタイム

 到着すると、50台は停められるであろう駐車場がガラガラで、広い参道に出店も無くひっそりとしてます。『やらかしちゃったかな〜』と不安になりましたが、『ま、年明けてから随分経ってるし、高尾山みたいな観光地じゃないし』と自分を納得させ、お参りに向かいます。
 手と口を清めお参りし、ウチの女子大生と男子高校生に『学力”向上”守』を頂き、おみくじを引きギャーギャーし、社殿を後にします。この間なんと10分チョイ。ケーブルカーも天狗焼きも無いと実にコンパクトなもんです。ま、コレが普通なんですけどね。

鐘1
鐘2
鐘3
鐘4
鐘突き四人娘(娘?)

 行きは気付かなかったんですが、参道の入口に「ご自由にお突き下さい(一人一回まで)」という鐘がありました。それを見つけた女性陣が喜び、かわりばんこに突いてました。けっこう立派な鐘なんで音もなかなかの迫力。(一人一回まで)も納得です。アレを何度も突かれちゃ、ご近所さんに怒られちゃいますわな。

最上部に上がる その2を見る