ヨシカワロゴ
0=トップ 1=売り物 2=ツーレポ 3=写真蔵 4=掲示板 5=SS-Club 6=シャチョ〜のブログ 7=リンク

ツーリングレポート

平成25年 10月のツーリング

日時:10月14日(月祝)6:20ローソン谷塚仲町店集合 6:30出発
行先:群馬の山々
昼食:道の駅くろほねやまびこ
行程:ローソン〜東北道・浦和IC〜関越道・水上IC〜県道265号〜利根沼田望郷ライン〜県道64号・奥利根ゆけむり街道〜国道120号〜県道267号〜県道62号〜国道122号〜県道338号〜県道342号〜県道66号〜県道16号〜北関東道・佐野田沼IC〜東北道・浦和IC〜ヨシカワ
ルート図1

 今年のウチのツーは悲しいくらい雨に祟られてまして、山に行こうとすると、雨で中止。若干の雨なら決行してる一泊ツーに至っては、よりによってその二日間にかけて台風が襲来してきやがり、前代未聞の中止となりました。
 なので今年は山に走りに全然行けてないんですね。だからって訳なんですが、ちょうど月曜が祝日ということもあり、晴れの確率が極めて高い体育の日に峠に走りに行ってきました。私もですが、多分ほとんどのメンバーにとってもちょうど一年振りの峠道です。

集合
夕方みたいな集合風景
出発
夕焼けの中(?)出発です

  6時25分に全員集合、今日ここから出発するのは10名です。いつものメンバーに加え、最年長のA田さん(サトーさんを超える暴走王)と川崎から参加のM野さん(こちらは常識人)が参加です。そういえばこのお二人、去年の10月のツー以来の参加ですな。最早秋の風物詩。
 軽くミーティングをして、6時35分に出発します。

分岐1
東北道から北関東道へ
分岐2
そして北関東道から関越道へ
赤城高原1
赤城高原SAで待ち構えるサトーさん
赤城高原2
行き掛り上二人旅だった鍋バパとももらさん

 関越方面に行く場合、いつもなら外環から関越道を行くんですが、前日にA田さんから「外環から行くより北関東道のが空いてて早いよ」とアドバイスをもらいまして。調べてみると少しだけ遠回りですが少しだけ安く行けることが判明し、東北道から北関東道経由で行くことにしました。行ってみると、途中東北道で事故渋滞は有ったものの、北関東道は案の定ガラガラで、予想以上に快適にインチキ元塾講師(以下インチキ)が待つ赤城高原SAに到着しました。
 『国道50号だって空いてるし、この道って必要なの?』と思ってた北関東道ですが、使いようによっては役に立つもんですね。

赤城高原3
寒がりなももらさんとインチキ
赤城高原4
談笑する面々
赤城高原5
そしてもうメットを被ってるA田さん
赤城高原6
給油して出発します
関越
快適だった関越道
通過ミス
浦和を通過時にゲート側の機械がドジったおかげで色々書かされたM野さん(実は付け焼き刃さんも)

 赤城高原SAでインチキとも合流し、冷えた身体を温めながら今後のルートをざっと説明します。
 当初の予定では沼田ICで下りて県道265号を走り、その先の水上と片品を結ぶ県道63号を走るつもりだったんですが、ちょうど紅葉シーズンにインということもあり、紅葉狩りの車でごった返してて、とても走りを楽しめたもんじゃないだろうということで、前日のお昼までルーティングし直してたといういきさつがありまして。結果、図らずも県道四連発となりました。
 さて、給油を終え9時に出発。20分程走り水上ICで高速を下り、本日の第一県道に突入します。

ルート図2
県道265号1
軽自動車に捕まる皆さん
県道265号2
そしておきょう☆さん
県道265号3
「ザ・県道」って感じの道でした

 まずは、水上から川場に抜ける県道265号です。一年振りの山道ということで、まず自分がちゃんと走れるのか不安だったので、センターラインがあってなるべくRが大きめな道を選んで組み立てた今回のツーですが、この道はちょっと狭かったですね。Rは緩かったりキツかったり、センターラインも無かったり出て来たりだったんですが、全体のペースがゆっくりめだったのと、全長が意外と短かったこともあり、振り返れば肩ならしにゃちょうど良かった感じでした。
 峠を越えのどかな川場村を通り過ぎ、続いて二本目、今回一番美味しそうな県道64号に突入します。

ルート図3
県道64号1
峠のトンネルを出ました
県道64号2
ほぼ貸切状態です
県道64号3
久々のワインディングに興奮冷めやらぬ面々

 県道63号が紅葉狩り渋滞の場合の代替案として目を付けたのがこの県道64号だったんですが、親切な方がいらっしゃいまして、しっかりYouTubeに車載カメラの動画をアップしてくれているんですね。それを観たところ、空いてそうで走りやすそうで、むしろ63号より全然面白そう。で実際に走ってみたところ、ちょっと短めなんですが、この道大当たりでした。私の他にも「何往復かしたいね〜」という声もあがってたようです。
 途中のトンネル出たとこのパーキングでトイレ休憩をします。こういうとこにちゃんとしたトイレがあるってのもちょっとしたもんです。さては群馬県、儲かってやがんな。あとは自販機の一台でもあれば、練習用にもってこいなんですけどね。

最上部に上がる その2を見る