ヨシカワロゴ
0=トップ 1=売り物 2=ツーレポ 3=写真蔵 4=掲示板 5=SS-Club 6=シャチョ〜のブログ 7=リンク

ツーリングレポート
平成24年 5月のツーリング

日時:5月20日(日)朝7時出発
集合:ローソン谷塚仲町店
行先:秩父方面
昼食:焼肉レストラン 東大門
行程:ローソン〜外環〜関越・川越〜R16〜県道397〜県道347〜R299〜R140〜秩父往還で秩父湖〜Uターンして彩甲斐街道でループ橋〜県道37号〜小鹿野でわらじ〜R299〜R462〜関越・本庄児玉〜外環〜ココス

 集合のローソンに到着すると、既に皆さんあらかた集まっていましたが、一週間前にタイヤ交換までして”やる気モード”になってたはずのたかさんがいません。『時間にルーズな人じゃないはずだから、出発までにゃ来るだろう』と思い、コーヒーを買いに店内へ向かおうとすると、携帯に着信があり「今起きました」。
 最初の休憩場所を伝え、その後軽くミーティングをし、7時丁度に出発します。

出発
(8名で出発です)
R299にて
(国道299号にて)
T郎とCBRの人
(こんな感じののどかな山道でした)

 4号を北上し外環に入り、隊列を組んで行儀よく関越道の川越ICを目指します。たいした距離でも時間でもないし、そんなにスピード出してたわけでもなかったんですが、けっこう身体が冷えました。この日の予想最高気温、東京が25℃で秩父が23℃。暑いのか寒いのか、着ていくものの選択が実に微妙な日だったんですが、一応ウインドブレーカーも着用しといてちょうど良かったです。でもメンバーの中には、「上はメッシュジャケットだけど下は革パン」という、これまた微妙なファッションの方もいらっしゃいましたが。

 川越ICを下り国道16号の新狭山2丁目交差点から町道を通り、県道260号へ。そして、ゴルフ場の間を走る県道397号を走り、国道299号に出ます。一昨年の秋のTACドライブの時と同じルートです。その時は車2台だったので、簡単確実な”狭山環状有料道路”という『コレで有料?』という橋を渡って行ったのですが、今回はT郎がお金掛からないルーティングをしてくれました。
 で、前回は朝方土砂降りだったこともあり、国道299号が空いていて、バイクじゃないことを後悔するくらい魅力的な道だったんですが、『お出かけ日和』が予報されてたせいもあるのか、残念ながら今回はけっこう混んでました。
 それでも、ゆっくりながらもスムーズに、8時50分ごろに最初の休憩の”道の駅あしがくぼ”に到着しました。しばし『たかさん待ち』なんですが、他ならぬたかさんのこと、一時間はかからないはずです。

路の駅あしがくぼ
(路の駅あしがくぼに到着しました)
シャチョ〜
(饅頭に喰らいつくシャチョ〜)
T郎
(同上のT郎)
たかさん
(たかさん到着です)

 そういえば、『きっとココで待ってるんだろう』と思ってたインチキ元塾講師(以下インチキ)が見当たりません。T郎に電話させてみると「お昼に合流するそうです」とアバウトな回答。まぁ地元みたいなもんだろうし、どうにでもなるべ。
 お餅を食べたり饅頭を食べたりしながらのんびり待つこと40分、9時半にたかさんが到着しました。なんでも「前夜調子にのって呑み過ぎて起きられなかった」そうです。でも、二日酔いなのにこの時間に来れるのはさすがです。いや、むしろ山道になればなるほど、どんどん酔いが覚めてきそうなキャラだもんね。
 ということで、たかさんが朝ご飯を終えるのを待って、10時近くに出発します。

R140
R140
(このへんまでは『春だなぁ』という感じののどかな時間でした)

 国道299号の残りを走り終え、国道140号へ。地方によくある『人が住んでる山道』とでも言ったような道を走ります。天気よくて暖かくて、車の後ろについて走っても苦にならないような、のどかな気分で走れました。
 三峰口駅を過ぎ、人里離れた感がだいぶ出てきたころ、むやみに長い信号機に掴まります。通ってみるまでよく知らなかった、ってかルーティングしといて気付きもしなかったんですが、いわゆる”駒ヶ滝トンネル”というヤツでした。「三峰のほうに一方通行の国道があってえらい渋滞する」って話は以前聞いたことがあったんですが、 ここがまさにそのポイントだったんですね。さすがのT郎もCBRの人も、バイクで走りながら撮影なんで芸当ができるような道ではなかったんで、帰ってきてから探しました。こんなとこです。

隧道レポート 国道140号 駒ヶ滝隧道

 『国道なのに交互通行だから信号がやたら長い・トンネルの中がY字路になってる・めちゃ道幅狭い』という、なんともなトンネルでした。知ってたらルーティングしなかったかもな〜。でも面白かったから、まぁいいか。
 さてその変なトンネルを抜け、本日最初のワインディングである、秩父湖のほとりを走る秩父往還です。で、行ってみて失敗に気付きました。一応国道140号なはずなのに、センターラインがない1.5車線道路。その上、道の両サイドに杉かなんかの針状の落ち葉がわんさか。走れるのは実質1車線です。『乗っかったら滑るんだろうな〜』とか『対向車来るなよ〜』と終止ヒヤヒヤ。たかだか5〜6kmなはずなのに、エラい長く感じた道でした。
 ルーティングする時、一応航空写真で確認したんだけどね〜。みんな、ごめんね〜。

サトーさんとたかさん
(この時はまだまともな目をしていたサトーさん)
折り返し地点
(左折すると雁坂トンネル)
全員集合
(亀さんチーム追いつきました)
ダムの上
(トンネルを抜け滝沢ダムに差し掛かりまして)
ループ中
(ループ中です)

最上部に上がる その2を見る